主人の私邸を美術館としたものです。

イタリアのフィレンツェというローマ以外の都会における美術館を一覧で紹介します。

・ミラノ。
「ブレラ美術館」・・・15世紀から18世紀のヴェネツィア派、ロンバルディア派の名画が集まる美術館。
「ラファエロ」の「聖母マリアの成婚」、「サンドロ・ボッティチェッリ」の「聖母子」という「ピエタ」などが飾られてある。
ミラノのレギュラー場所から駆け回り10ヒットくらいの好立地にあります。
1階層には美術学園があります。
周りにはギャラリー、画材店先などがあり閑静なストリートの当人、アートに浸りながら歩くことのできるレベルです。

「ボルディ・ペッツォーリ美術館」・・・イタリアのミラノの貴族「ボルディ・ペッツォーリ」はアートコレクターでした。
彼氏の私邸を美術館としたものです。
「ピエロ・デル・ポッライオーロ」が描いた「新しい貴婦人の肖像」、「サンドロ・ボッティチェッリ」の「聖母」など有名な絵図が展示されていらっしゃる。

・ヴェネツィア。
「北無心ヴェネツィア美術館」・・・古都ヴェネツィアの豊かなカルチャーを紹介している美術館です。
ヴェネツィアのグラッシィ宮殿のルックスを模倣している。
住宅は5階層建て、公表室は12あります。

「アカデミア美術館」・・・ヴェネツィアの名勝、ヴェネツィア派の美術に興味のある人物におすすめです。
ジョルジョーネ、ジョヴァンニ・ヴェッリーニの作品があります。

・ナポリ
「カポディモンテ美術館」・・・バロック・ロココ様式の宮殿で、高い庭園、植物園、小宮殿、陶磁器講義、礼拝堂、女帝のアパートなどが同じ神殿の敷地内にあります。
1階層は陶磁器美術館、2階層は神殿アパート、3階層は絵図館となっています。

イタリア、フィレンツェの「ウフィツィ美術館」は、イタリアが素養に誇る美術館です。
収蔵されている作品の品質も体格もイタリア国内最大でフィレンツェにわたり地区の一つとして認定されてある。
大変広くて45という客間による美術館です。
1日では総合訪ねることは何とも難しいです。
メディチうちが過去コレクションしてきた美術品物がたくさん収蔵されていて、イタリアルネサンスの宝庫と言われています。
2500ショップという公表商品があり、ルネサンス時代のオーソリティーの作品を中心とした絵図が展示してあります。
美術館の1室にはカフェがあり、テラスからのコントラストもいいです。

<開館媒体>
・火曜日から土日まで開館。
(月曜日といった1毎月日毎という5毎月日毎という12毎月25太陽は休館)。
・8境遇15ヒットから18境遇50ヒットまで開館(16境遇45ヒットが閉め入館)。
・入館費用は1人物6.5ユーロ。

<設定媒体>
人気の美術館なので、当日券を味わうにはからきし並ばなければなりません。
事前予約がおすすめです。
設定は通話、インターネットでできます。
しかしオフィシャルサイトからの設定だとイングリッシュが読めなければいけませんし、通話の場合にはイタリア語かイングリッシュを話す必要がありますし、時差を考えて呼び出しなければいけません。
そのため設定は周遊以降を通すか、設定コンサルタントなどに頼むといいと思います。
その場合、手数料がかかります。

<展示されておる主な作品>
・ボッティチェッリの「ヴィーナスの生誕」、「春」。
・レオナルドダヴィンチの「懐妊連絡」。
・ミケランジェロの「聖家族」。
・ラファエロの「ひわの聖母」。
・カラバッジョの「バッカス」。
・チマブーエの「マエスタ」。